月下美人の花の刺青和彫りに込められたタトゥーデザインへの想い

タトゥーデザイン アゴニー

タトゥーデザインの意味

月下美人の花の刺青和彫り

ゲッカビジンノハナノイレズミワボリ (和彫り)

月下美人の花の刺青和彫りの意味。(刺青画像付で解説)

月下美人の花言葉には、はかない美・儚い恋・繊細・快楽・艶やかな美人・強い意思といった意味があります。

月下美人の花は1年に1度しか咲かずに新月の夜から咲き始め、純白の大輪の花を美しく咲かせ翌朝には萎んでしまいます。同一株から分かれた為に、同じ日に咲くなどと色々な言い伝えや俗説があり謎めいた花でもあり、美しすぎるが故に好奇の目で見られる、魅力ある花としての気品・オーラを感じてしまいます。

月下美人の花の美しさとその儚さから、刺青・タトゥーデザインの絵柄題材としても好まれ、花は咲く時は一気に咲き、儚く幻想的な香りを放ちつつ、数時間で萎んでしまうという短い花の命だそうで、例えるなら「幻の美人」とでも言わんばかりの魅力ある華を刺青デザインとして表現しました。

月下美人の花の刺青和彫り 1

月下美人の花の刺青和彫り 2

スタイル
メンズ

このタトゥーデザインの意味を踏襲したタトゥー

< 前  次 >

タトゥー タトゥーデザインの意味

↑ PAGE TOP