懐中時計のタトゥーに込められたタトゥーデザインへの想い

タトゥーデザイン アゴニー

タトゥーデザインの意味

懐中時計のタトゥー

カイチュウドケイノタトゥー (洋彫り)

懐中時計のタトゥー洋彫りの意味。(タトゥー画像付で解説)

ポケットや懐(ふところ)などに入れて持ち歩く小型の携帯用時計です。

丈夫さとかさばらない手頃な大きさの懐中時計は腕時計が登場するまでは携帯時計の代表として長い間、世界中で使用されてきました。多くの場合文字盤はアナログ式で鎖や組紐などで竜頭のフック部と衣服を結着して落下を防止し時計本体は衣服のポケットに収納して携帯するようになっているものが基本形です。

外面上は、 オープンフェイス、ハンターケース、ナポレオン(ハーフハンター、デミハンター)、スケルトン等があります。
用途や製作側や愛用者の個性により竜頭の位置が12時の位置だったり、3時の位置だったり、6時の位置だったりすることがあります。

動作機構は、手動で竜頭を回すことによりぜんまいを巻き動作させる「機械式」、ボタン電池により動作させる「クォーツ式」、そして2013年に発売されたソーラー充電式の電波時計タイプの「電波ソーラー懐中時計」があるそうです。

携行(着用)方法は、服装に合わせて、鎖の種類、また、かけ方が何通りもあるそうです。

懐中時計のタトゥー 1

スタイル
メンズ:ブラック アンド グレー

このタトゥーデザインの意味を踏襲したタトゥー

懐中時計にメッセージ
懐中時計にメッセージ

胸に懐中時計にメッセージのタトゥーデザインです。

コンパスと薔薇、リボンに英文のメッセージのタトゥー
コンパスと薔薇、リボンに英文のメッセージのタトゥー

男性の二の腕に、方位磁針(コンパスの針)と薔薇の花、リボンに英文字筆記体メッセージのブラック アンド グレー タトゥーデザインです。

方位磁針(コンパスの針)とバラの花と錨(アンカー)に鎖(チェーン)、ローマ数字、フランス語のメッセージ
方位磁針(コンパスの針)とバラの花と錨(アンカー)に鎖(チェーン)、ローマ数字、フランス語のメッセージ

女性の二の腕に、方位磁針(コンパスの針)とバラの花と錨(アンカー)に鎖(チェーン)、ローマ数字、フランス語のメッセージのブラック アンド グレー タトゥーデザインです。

< 前  次 >

タトゥー タトゥーデザインの意味

↑ PAGE TOP